ご挨拶
ご挨拶

弊社は医療分野に特化したソフトウェア開発会社として1988年に起業いたしました。


設立以来、弊社では徹底した業務分析とユーザーの身に立った提案を身上としてきました。

長年医療分野で培ってきたノウハウを生かしたOpenReport®は、放射線はもちろん、非放射線分野(内視鏡検査、超音波検査等)においても充実させており、カスタマイズや新規テンプレートの開発なども承っております。


消化器内視鏡検査のレポートテンプレート(MST Ver2.0)では独自の技術を使用して高速な画面展開と目的項目への到達容易性を実現し、「消化器内視鏡レポート作成方法及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体」として特許取得しました。(特許第435725号)

OpenReport®Ver3.2からは、MST Ver2.0 の経験を生かし、質的診断、内視鏡分類、手技・処置などを自由にメンテナンスできる機構を追加しています。


今後ともユーザー様のお声を反映したより良い製品の開発を行って参ります。


代表取締役 尾藤茂


※MST(Minimal Standard Terminology)は消化器内視鏡レポートのための構造化用語集です。

※弊社ではシステムにおける MST の使用について、2002年10月に WEO/OMED(世界消化器内視鏡学会)の M. DELVAUX MD,PhD から商用使用の許可を得ています。