学会・研究発表など
学会・研究発表など


■2009/11/22  広島  JCMI 2009  第29回 日本医療情報学連合大会

抄録:内視鏡部門と病理部門とのデータ連携

■2008/11/24  横浜  JCMI 2008  第28回 日本医療情報学連合大会

抄録:先端的画像診断分野における情報記録方法
発表:先端的画像診断分野における情報記録方法

■2008/08/03  横浜  第10回 医用画像認知研究会他  ※共同演者

頭部MRIにおける構造化入力レポート

■2007/11/23  神戸  JCMI 2007  第27回 日本医療情報学連合大会

抄録:消化器内視鏡レポートに使用する用語集の検討  -MSTとフリーテキストの比較-
発表:消化器内視鏡レポートに使用する用語集の検討  -MSTとフリーテキストの比較-

■2006/11/03  札幌  JAMI 2006  第26回 日本医療情報学連合大会

抄録:EBM(Evidence-based Medicine)を意識した電子カルテとレポートシステムの有機的な融合
発表:EBM(Evidence-based Medicine)を意識した電子カルテとレポートシステムの有機的な融合

■2006/09/01  New York City, USA  28th IEEE EMBS Annual International Conference

New York City, USA  28th IEEE EMBS Annual International Conference
EMBC06 Paper Abstract (Healthcare Information Management)
抄録:Terminology and Global Standardization of Endoscopic Information(MST)   (日本語訳:内視鏡画像の用語と国際標準化  多国語版MSTについて)
発表:Terminology and Global Standardization of Endoscopic Information(MST)   (日本語訳:内視鏡画像の用語と国際標準化  多国語版MSTについて)
Photo  Photo

■IHE-J 内視鏡ワーキンググループの活動(横井先生作成)

横井先生作成物  ◆内視鏡におけるIHE活動  IHE workshop in 高松
横井先生作成物  ◆内視鏡部門でのIHE  IHE workshop in 名古屋

■2005/11/26  横浜  JCMI 第25回 日本医療情報学連合大会

抄録:多国語版MSTレポートシステムUIデザインの考察と提言
発表:多国語版MSTレポートシステムUIデザインの考察と提言

共同演者:遠隔医療ネットワークにおける画像通信機能の強化


■2005/07/14  東京  JCMI 第9回 日本医療情報学会春季学術大会(シンポジウム2005)・共同演者

原著論文:画像レポーティングシステムの機能要件  (医療情報学 Vol.24 No.6)

■2005/05/17  Chicago, USA    OMED MST Chairman  M. DELVAUX MD,PhD とのミーティング
Dr. Delvaux, Dr. Fujino, Bito(Seafic), Takei(Seafic)

Chicago meeting【世界への発信】MSTに関する疑問と他国語(11ヶ国語版)との比較検証の報告
Photo  Photo

■2004/11/27  名古屋  JCMI 第24回 日本医療情報学連合大会

抄録:多階層レポーティングインターフェースのハンドリングを可能にするカスタマイズフレームワーク
発表:多階層レポーティングインターフェースのハンドリングを可能にするカスタマイズフレームワーク

■2004/05/16  水戸  第29回 日本超音波検査学会・共同演者

抄録:統一化案を基にした超音波検査構造化レポートシステムの開発
発表:統一化案を基にした超音波検査構造化レポートシステムの開発

■2003/11/23  幕張  JCMI 第23回 日本医療情報学連合大会

抄録:マルチモダリティ検査における統合レポートの開発
発表:マルチモダリティ検査における統合レポートの開発

■2003/06/13  小倉  JCMI 第7回 日本医療情報学会春季学術大会(シンポジウム2003)

抄録:診療レポートを見据えたレポーティングシステム
ポスター発表:診療レポートを見据えたレポーティングシステム